医学部を目指し校則の厳しい熊本の予備校へ

大好きな叔父が医師をしていてとても憧れがありました

子供の頃から抱き続けた夢を実現することは、たやすいことではないと思います。
成長するにつれて、子供の頃の夢を諦める人の方が大多数を占めるはずです。
私には子供の頃から将来就きたい職業がはっきりとしていました。
それは医師になることです。
なぜかと言うと大好きな叔父が医師をしていて、会うたびに仕事の話をしてくれてとても憧れがありました。
自分もいつか叔父のような医師になって病気の人の役に立ちたい、という思いは小学生の頃からはっきりしていました。
そのために小学生高学年になると勉強にも力を入れ始めましたが、幸い勉強は嫌いでは無かったので良い成績を取り続けることは難しくありませんでした。
中学校は地元の公立中学校に進み、そこでも良い成績を取り続けました。
高校は地元から少し離れた公立の進学校に合格することが出来ました。
けれどそこで生まれて初めて挫折感を味わうことになったのです。
進学校ですから、同級生たちも中学時代に好成績を収めてきた生徒ばかりでした。
その中で自分の成績は中位で、取り立てて目立つ程良い成績を収めることが出来なくなってしまったのです。

大好きな叔父が医師をしていてとても憧れがありました自分を律するために校則が厳しい予備校へ事に医師への第一歩を踏み出すことが出来た

医学部 予備校 熊本医学部受験の予備校は東京の【メディカルスクールIG】新宿南口から徒歩3分